するということも同じ事と言えます

現金化する目的で列車等の乗車切符の類を多量に購入してしまう・・・クレカ現金化というもの使用せずに、自分で現金化する目的でクレジットカード決済をするということも同じ事と言えます。

換金するということを目的としているクレカの使用についてはクレカの契約条項違反になってしまうからであります。

大量の電車等の乗車券・切手販売における決済をすると、運が悪いと換金する目的ではないのか?などと目をつけられてしまう事例があるので十分気をつけることを要します。

使用時点においてキャシング利用額の方がフルになられてしまっている方のケースは、列車等のチケット等を購買することにトライすることだけでカード会社から連絡が入るというケースもあるので、経済的にきつい時のカード支払いについては不可となっている模様です。

問題のある場合にする手段は大抵の場合同じようなものなのです。

クレジット発行会社から見て問題な使い方をすること→一昔前に話題だった『永久不滅』のようなカード会社に対してプラスになることのないような不正な利用方法を行うとカード会社の判断で強制没収になる場合さえもあるのが現実です。

Web上で話題になっていたクレジットカードポイントの不正な入手等世間に流れていない秘密のやり方などというものがあったとしても、そのような方法というのは全部クレジット会社の規約に反する行為であるわけだから絶対試さないようにして欲しいと思います。

強制没収させられた情報については他のカード会社へ知られる●クレジットを失効させられても、違う会社のクレジットカードについては利用可能んだから、一社くらいは問題ないだろう?と思う人、現代の情報社会にあってはその考え方は信用を消失する危険性があるでしょう。

なぜなら、まず強制退会扱いとなるというケースの場合にっなってしまうと、カードの会社からアクセス出来る信用機関というものに情報が記録されてしまうために、強制退会された人の信用力はガタ落ちとなる事例もあるからです。

いずれかただの1枚であったとしてもクレカを没収扱いとなると以後クレジットカードであっても審査に通らなくなってしまいますし最悪他に所有しているカードさえも失効となってしまう事態もあり得るでしょう。

運良く継続して使用できるようでも更新になると更新不可となると思われます。

兎にも角にもくどくど記載させてもらっているが、失効という処理がされてしまうような利用はどんな理由があってもすることがないようルールを守ってカードを使用して頂きたいと思います。